Skip to main content
Image description

夏の扉

sora tob sakana : 0 : 0
  • タグ編集
  • 編集完了
  • オサカナ
登録

歌詞

作曲:照井順政
作詞:照井順政

青い匂いが日差しを巻き込み
指の隙間をすり抜けていった

時間が止まった
君の瞳が燃えるように揺れて
キラキラしてる

夢の中で伝えられたはずの台詞が
足踏みしてる

いつも
君の声が その仕草が
僕の心を連れていった
まばたきの瞬間に 世界が変わって
僕の言葉 風に消えてく

夏の扉 もう二度とない
季節と微かに気が付いた
君が笑った ただそれだけ
見つめている
眩しい日差しが
夏の扉を開けて

もう少し経てば去年も遊んだ
一面咲いたひまわりのアーチ

屈んで進んだ
差し込む光がふいに君を照らし
キラキラしてた
目線を逸らして 友達気にして走り出す
臆病者を覚えてる?

風が強く吹き始めて
僕の言葉を連れていった
降り出した夕立を 浴びて煌いた
君を
君を
焼き付けていたい

君の声が その仕草が
僕の心を連れて行った
まばたきの瞬間に 世界が変わって
僕の言葉 そっと渡した

夏の扉 もう二度とない
季節と微かに気が付いた
君に触れた きっと全てが
変わっていく
眩しい日差しが
夏の扉を開けて

楽曲解説

スケール感のあるギターとピアノのサウンドにメンバー達のあどけなさの残る歌声が合わさり、ノスタルジックな切なさを掻き立てる1曲。

レビュー

{{like_count}}
{{review_count}}