Skip to main content
Image description

唖然呆然

NaNoMoRaL : 0 : 0
  • タグ編集
  • 編集完了
登録

歌詞

作曲:梶原パセリちゃん
作詞:梶原パセリちゃん

お腹の中から 腸が出る
途端に僕らは目を伏せる
本音なんて飲み込めないくせに
溶けて吐けなくなるまで食べる

誰もいない 宇宙の果てに行ってみたい
でもすぐに帰りたくなるだろうね
積み上げて 壊した数だけ 涙
行方知れずの某人間よ

だって 明後日 浮かべた魔法が
消えてなくなったらどうする?
もっと 腐って 並べた言葉が
通じなくなったらどうする?
嫌になったっていいや 救いようなくてもいいや
所詮 僕の見たワンダーランド

いつだって 分かったふりして
生きていくことが正解だろうけど
きっと 僕はところかまわず 質問を続けるだろう
こんがらがってもいいや どうせ二度目などない
幸せで死にそうだ


草葉の陰から 針を刺す
やたらと僕らは取り乱す
異論なんて聞けないはずなのに
わざわざ日が暮れるまで祈る

なんでもない暮らしの中に潜んでる
古くて新しいタイプの生き物
荒立てて 降らした雨だって 涙
世間知らずの教育 洗脳

だって 明後日 拾った覚悟が
ぼやけてしまったらどうする?
いつか時代に気付いた自分が
挫けてしまったらどうする?
頑張ったっていいや 頑張んなくてもいいや
所詮 つぎはぎのワンダーランド

いつだって 歪んだ夢に紛れて
傷ばかり作っているけど
きっと 僕は薬も飲まず 平然と暮らしてくだろう
いなくなったっていいや どうせ行く当てもない
くだらなくて泣きそうだ


なんで どうして本当のことが
もっとちゃんと伝わらない なんて
きっと どっかで知らない誰かが
言い出したりしそうでしょう


だって 明後日 浮かべた魔法が
消えてなくなったらどうする?
もっと 腐って 並べた言葉が
通じなくなったらどうする?
嫌になったっていいや 救いようなくてもいいや
所詮 僕の見たワンダーランド

いつだって 分かったふりして
生きていくことが正解だろうけど
きっと 僕はところかまわず 質問を続けるだろう
こんがらがってもいいや どうせ二度目などない
幸せで死にそうだ

現実だっていいや もうなんだっていいや

レビュー

{{like_count}}
{{review_count}}