Skip to main content

アーティストランキング

SEVEN4

「インタラクティブエンタテイメントパーク」をコンセプトとし結成された 複数のユニットから抜擢されたメンバーに、ソロアイドル数人を加えた超党派大規模ユニット。

詳細ページ

神薙ラビッツ

関西・大阪発足の神社アイドルの神薙(かんなぎ)ラビッツ。2019年より結成・始動。舞・ダンス・踊ってみたを組み合わせた「新しい舞」、流行と和を組み合わせた「唄」で新感覚のパフォーマンスを行うアイドルです。 公式HP→http://kannagi-rabbits.com/story/

詳細ページ

3776

静岡県富士宮市発の“富士山”ご当地アイドル・プロジェクト。名前は富士山の標高から。富士宮市政70周年記念として2012年に1年間限定で結成されたアイドル・ユニット、TEAM MIIが前身。その解散を受け、2013年4月より“3776”として活動を開始し、6月に公式デビュー。メンバーチェンジを経て、2014年8月から井出ちよののソロ・ユニットとして活動を継続。

詳細ページ

最新ニュース

SNSで人気 いとうさやかが1stイメージDVDをリリース Hカップの抜群のスタイルを披露 

John Doe

Twitter、Instagram、TikTok、YouTubeと各SNSにて人気の、いとうさやかさんの1stイメージDVD『うんぱいしか勝たん!』(リバプール)を2021年1月29日に発売する。

ライブ配信アプリの17Live(イチナナ)では、各ジャンルにおいて最も魅力的な17LIVERを表彰する『ゴールデンフェザー賞』を受賞。ライバーランキング世界最高2位と、トップライバーとして活躍中。BカップからHカップにバストアップした動画をYouTube内にUPしており、同性からの注目も集めている。

そんないとうさんの1stイメージ作品は、Hカップの抜群のスタイルを堪能できるビキニ姿が満載となっている。

<プロフィール>

いとうさやか

生年月日:1995年 07月 17日
サイズ:T166
血液型:O型
趣味:海外旅行、中国語、韓国語の学習、油絵、VFX動画作成
特技:短距離走、ピアノ、ダンス、TikTok、コーディネート

Read more

金子智美「6本の手が体をはうのはなかなかない衝撃」マッサージシーンも見どころの新作

John Doe

グラビアアイドルの金子智美さんがDVD『本能のままに』の発売記念イベントを27日、書泉ブックタワーで開催した。

9月に沖縄で撮影した本作は、全編イメージ映像で、セクシーショットの連続で金子さんの魅惑のボディが満載な作品となっている。

DVDの内容について「前回は透けを解禁して、今回も一つだけ入れる予定でしたが、撮影をしたらハプニングでもう一つ透けてしまい、二つ透けのシーンが入っています。替えの衣装がなくそのまま撮影をしました。お気に入りはベッドでのデザインニップレスのシーン。スタイリストさんと相談して大きさを決めました」と紹介。

おすすめのシーンとして「マッサージのシーンは衝撃です。今までは二人からされることはありましたが、今回は3人から。6本の手が体をはうのはなかなかない衝撃的で素敵な映像です。他に今日着ている衣装はDVDの中でも着用し、従順な女になっています」と見どころを挙げた。

金子さんは「今年は事務所を移籍して変化の年でした。来年の目標はグラビア・オブ・ザ・イヤーを取りたい!同じ事務所の森咲智美さんが殿堂入りされたので、漢字は同じ“智美”でも“ともみ”から“さとみ”へ、2021年はそうなるようDVDをたくさん出してグラビアで飛躍出来る年にしたい」と語っていた。

<プロフィール>

金子智美(かねこ さとみ)

生年月日:1989年12月22日
サイズ:T160 B87 W58 H86
血液型:A型
出身地:愛知県
趣味:ヨガ、まつ毛に爪楊枝を乗せる、短期間で身体を絞り込む
特技:トレーニング、映画鑑賞、ネットショッピング


Read more

柏木由紀が初のディナーショー開催 ソロ曲、AKB48のヒット曲から敬愛する松田聖子のカバーまで

John Doe

AKB48の柏木由紀さんがが27日、ホテルニューオータニにて初のディナーショ―となる「柏木由紀 寝ても覚めてもゆきりんワールド ~ディナーショーでも夢中にさせちゃうぞっ~」を開催した。

昼夜2回の公演では、ファンにはおなじみの柏木由紀ソロ曲、AKB48のヒット曲に加えて、今回はカバー曲パートが設けられ、培った表現力と歌唱力を惜しみなく発揮した。

1部ではディナーショーらしく赤いチェック柄のオフショルダーロングドレスで登場し、数々のアーティストがカバーしてきた石川ひとみさんの『まちぶせ』や、柏木さんがレジェンドとして敬愛する永遠のアイドル 松田聖子さんの名曲『あなたに逢いたくて~Missing You~』、を披露。その後ゴージャスなシフォンドレスに着替え、センターを務めた『Green Flash』、AKB48のオーディションに合格し、上京した頃の心情を歌った『火山灰』など、これまでの歩みをなぞるように楽曲が続いた。

2部では今井美樹さんの『PRIDE』を伸びやかに歌い上げ、ファンは“アーティスト”柏木由紀の歌声にうっとりと聞き入りながら、コロナウイルス対策のため掛け声や声援を送ることができない中、今回記念プレゼントとして配られたゆきりんだるまペンライトに想いを込めてエールを送っていた。MC冒頭では、開催が危ぶまれたディナーショーを無事に開催できたことに対し、「今年は初めて一人でステージに立ちました。いろいろな事情がある中で、皆さんに来ていただけて本当にありがたく思います。来られなかったファンの方にも届くように心を込めて一曲一曲を歌いたいです」と話した。

また、ディナーショーのメニューと同じ物を事前に試食したという柏木さんは「さすがホテルニューオータニさん! めちゃめちゃ美味しかったですね! ゆきりんだるまのショートケーキや、チームBカラーである奇抜なブルーのウェルカムドリンクも特別に作っていただきました(笑)!」とディナーショーならではの特別メニューに大興奮。

今回はコロナウイルス感染拡大防止対策のため、観客席まで降りることもお見送りをすることも叶わないことに対し何かできることはないかと観客用のメニュー表に一枚ずつ全て手書きで自筆サインを入れたことについては「自宅でサインを入れて、前日までにホテルに宅急便で納品することになっていたんですが、宅急便の出し方が難しくて(笑)、一昨日自分でホテルニューオータニに直接持ってきて納品しました!」と柏木らさんしいほっこりするエピソードも明かした。

AKB48のメンバーとしてデビューして13年を経て、来年は所属メンバーとして初の30代を迎える柏木さん。現在も現役アイドルとしての熟練したパフォーマンスとトークでファンを魅了する姿はあざと可愛いならぬ、“しぶと可愛い”ゆきりんワールド全開の一夜となった。

セットリスト
★ディナーショー1部
1.ショートケーキ
2.クラス会の後で
3.てもでもの涙
4.まちぶせ
5.夜空ノムコウ
6.あなたに逢いたくて~Missing You~
7.Rainy day
8.Green Flash
9.火山灰
10.遠距離ポスター
11.ジェラシーパンチ
12.Only Today
13.ずっと前から
Enc 1.あなたと私
Enc 2.夜風の仕業

★ディナーショー2部
1.ショートケーキ
2.クラス会の後で
3.てもでもの涙
4.PRIDE
5.夜空ノムコウ
6.あなたに逢いたくて~Missing You~
7.Birthday wedding
8.Green Flash
9.火山灰
10.遠距離ポスター
11.ジェラシーパンチ
12.Only Today
13.ずっと前から
Enc 1.あなたと私
Enc 2.夜風の仕業

Read more

久保ユリカ、2年ぶりのニューシングル発売決定 1月よりラジオ大阪にてラジオ番組開始

John Doe

デビュー5周年を迎える声優・アーティストの久保ユリカさんが、2021年2月17日にニューシングル『君なら君しか』を発売することが決定した。今回のシングルは通販サイト「きゃにめ」と本人の出身地である「奈良地域」限定販売となっている。また配信での展開も予定している。

発売日の2月17日は、1stシングル『Lovely Lovely Strawberry』と同じ発売日となり、今回のシングルにはその『Lovely Lovely Strawberry』をアコースティックアレンジした『あおによしVer.』が収録される。

このシングルの発売を記念して2021年3月13日にオンラインリリースイベントの開催も決定。購入者限定で視聴できるオンライン番組となっている。詳しくは公式HPを参照。

そして、ラジオ大阪にて自身のラジオ番組『久保ユリカ いまなら、いましか』が2021年1月3日22時よりスタートすることが発表された。

Read more

ミス東スポ2021 決定 グランプリに“ねむ部長”「社員をしながらオーディションに参加しました」

John Doe

東京スポーツ新聞社のイメージガール「ミス東スポ2021」授賞式が25日に都内で開催された。グランプリに ねむ部長、ツジルイス、山野さとみの3名。準グランプリに星奈美紗希、特別賞に西原綾美がそれぞれ選ばれた。

1位通過でグランプリを獲得した ねむ部長さんは、実際にIT企業で部長を務める現役OL。「最後に追い上げて素晴らしい順位をいただけたのは、応援してくださった皆さんのおかげです」と喜びのコメント。

「普段は社員をしながらこのオーディションに参加させていただいたんですが、ライブ配信も初めてで、不安も多く、ここに立てるとは夢にも思っていませんでした。皆さん一人一人の応援と支えのおかげです。本当にありがとうございます」と感謝を伝えた。

「ミス東スポ に選ばれたからには グランプリとして恥じないよう自分自身成長しながらもっと活躍の場を広げて恩返しができるように頑張っていきたい」と抱負を語った。

コロナ禍でのオーディションは、配信や、オンライン撮影会など、ほとんどがリモートで開催された。戦いを繰り広げた受賞者5名は今後は共に活動し、東京スポーツはもちろん、各種競技などを盛り上げていく。

Read more

アップアップガールズ(2)、クリスマス生配信で10thシングルリリースと新春ライブ開催を発表

John Doe

アイドルグループ・アップアップガールズ(2)が25日に公式YouTubeで生配信番組『アプガ(2) クリスマスに全員集合!純情な、ぱーれぇ~でライライライ』を配信。アプガ(2)の4曲入り全A面シングル『強がりライライライ/セメテセメテ/ぱーれぇ~/ガラスの純情』が2021年2月16日に発売されることが発表された。

新型コロナウイルス感染拡大の影響が長引き、これまでのCDリリース時のライブやリリースイベントが困難な状況が続く現在。CD販売やプロモーション方法が大きく変化していく中で、タワーレコードのアイドル専門レーべル・T-Palette Recordsと音楽専門クラウドファンディングサイト・WIZYがタッグを組み、新しいCDリリース様式プロジェクトを立ち上げた。本プロジェクトは、クラウドファンディングでCD制作を行い、リリースイベントに代わる楽しみを届けるという内容。企画第1弾は2020年10月にアプガ(2)を迎えて実施され、期間内に目標額500万円を達成し最終的に達成率133%で終了した。このたび企画第2弾として、再びアプガ(2)がニューシングル発売に向けてクラウドファンディングにチャレンジすることが決定した。

配信番組内ではクラウドファンディングに向けて、メンバーは成功を願い、それぞれ意気込みを書いたオーナメントをクリスマスツリーに飾った。そして、クリスマスを盛り上げるゲームを開催した後、最新の新曲ビジュアルなども公開され、最後にアプガ(2)の新年最初の単独ライブ『アップアップガールズ(2) 新春ぱーれぇ~』(2021年1月17日に初台THE DOORS)の開催を発表してファンをわかせた。

配信後にメンバーの新倉愛海さんは、「今回、2回目のクラウドファンディングでのCDリリースになります。今の厳しい状況ですけど、そうした中で新しいリリース様式がどんどん馴染んでいけば、もっともっとアプガ(2)のことを発信していけると思うので、私たちもうれしいですし、みなさんに応援していただけたらすごくうれしいなと思います。そしてニューシングルですが、かなりジャンルの違う4曲が詰まってます。新しいクワトロシングルをより多くの人にお届けして、もっともっとアプガ(2)のいろんな顔を見ていただいて、私たちをもっと大好きになってほしいです」とメッセージを送った。

また今回のクラウドファンディングのリターンの特典について「超盛りだくさんです。私のオススメは写真集ですね。今回はちょっぴりアプガ(2)が大人の階段を登った雰囲気になってるので楽しみにしてほしいです。個人的には、パーカーが気になります。普段着でも着れると思うのでめちゃ楽しみです。よりみなさんに愛してもらえるアイテムがみなさんにお届けできたらいいなと思います」と語り、さらに「発売日の2月16日はバレンタインデーが近いじゃないですか。10枚目シングルという私たちからの愛のこもったチョコレートを全国のみなさんにお届けしたいので、絶対絶対ゲットしてください!」と、熱く語った。

Read more

PiXMiX、1stアルバムから リード曲『卒業レールウェイ』のMV解禁「新しい挑戦をする皆さんの背中を押せる曲」

John Doe

高校生6人組ガールズグループ「PiXMiX」の1stアルバム『君がいたから』が2021年2月3日に発売、そのリード曲『卒業レールウェイ』のミュージックビデオがフル解禁された。メンバーのMISAKIさんはこの曲について「卒業シーズンにぴったりの前向きな歌詞とキャッチーなメロディーで、新しい挑戦をする皆さんの背中を押せる楽曲です!」とアピールしている。

今作での活動を持ってメンバーのITSUKIさんがグループを卒業、大きな節目を迎えるPiXMiX。卒業シーズンに合わせたリード曲『卒業レールウェイ』には、さまざまな“別れ”を迎える人たちへ“笑顔”を届けたいという想いが込められている。

同曲のMVは、ダンス部に所属する高校生を演じるPiXMiXメンバー6人の入学から卒業までを追った、等身大の青春を描いたドラマとなっている。つり革や電車など“鉄道”をモチーフにしたキャッチ―なトレインダンスが見どころだ。

今回、2019年に開催されたダンス大会「高校生ライブ MUSIC DAYS」でPiXMiX賞を受賞した千葉敬愛高等学校ダンス部とのコラボレーションでダンス部員とメンバーの共演が実現。ラストのダンスシーンは、コロナ禍で思うような高校生活が送れなかった2020年、全員が新たな青春を作るべく、最高の笑顔で撮影に取り組んだ。

MISAKIさんは「撮影中は本当にメンバーとダンス部の皆さんと学校生活を送っているみたいで、心から楽しい時間でした!」と撮影を振り返り、「ダンス部の皆さんと踊るトレインダンスにも注目して見てください!」とアピールした。



Read more

夢アド 、追加メンバーが26日に決定「一緒に頑張れる子が来てくれたら嬉しい」

John Doe

夢みるアドレセンス 新メンバーオーディション『なれんの!?夢アド?!2020~』の結果が、いよいよ26日に池袋HUMAXシネマズにて開催される最終審査ライブの終了時に発表される。

活動9年目を迎えた"夢アド"こと『夢みるアドレセンス』が、来たる10周年を目指して、新たな追加メンバーを募集した。配信審査に残った最終候補者16名(+補欠1名)は、20日にAKIBAカルチャーズ劇場にてお披露目され、4人一組でパフォーマンスを競った。当日はチームグリーンの聖來さんがステージを欠席したが、代わりをほのぽ(補欠合格)が務めた。

会場には夢アドのメンバーも来場して候補生のナマのステージを見守り、自らパファーマンスも披露した。イベント後に、GirlsNews取材班がメンバーに感想などを尋ねた。

--候補者のステージを見た感想は?

鳴海寿莉亜「これまで配信でしか見ていなかった候補者の方々に直接会えて感慨深かった。生でステージの姿を見ていると、涙が出るくらい感動しました。すごく一生懸命さが伝わって、練習してくれたんだなと嬉しかったです」

白川蘭珠「初めて候補生の方を見たのですが、直接会うと緊張まで伝わってきますね。ほぼ毎日練習してくださっていて、このオーディションのために頑張ってくれて嬉しいなと思いました」

山口はのん「みんな頑張ってくれていると聞いていたので、めちゃめちゃ楽しみにして来ました。かなり難しい曲もあったんですけれど、間違えずにこなしてくれていたので、本当にたくさん練習したんだなと思いました。自分が夢アドに入ったころを思い出してすごい感動しました」

山下彩耶「全員が夢アドに入りたくて受けて下さってる方なので、ありがたい気持ちでいっぱいです。自分たちの曲をやってくださったのも嬉しかったし、みんなキラキラしていました。何より全力でやることが大事なので、それが伝わってきて嬉しかったです。候補生の方が入ってきたら、「私たちがまたひとつ先輩になるんだ。もうちょっとしっかりしないとな」と刺激をもらいました」

--どんな子に入ってきてほしい?

鳴海寿莉亜「礼儀が正しくて協調性がある子ですね。グループとして一緒に頑張れる子が来てくれたら嬉しい。歌やダンスは最初から上手くなくても、一緒に覚えればいいので」

白川蘭珠「私も協調性が大事だと思います。 楽屋でも場が和むので、明るい感じの子が入ってきたくれたら嬉しい。パフォーマンスなどは一緒に練習していけたらなと思います」

山口はのん「私は結構人見知りな方なので、人懐っこくて愛嬌のある可愛らしい子が入ってきてくれたら、私も話しかけやすいし、打ち解けるのも早いと思います」

山下彩耶「皆さんが「夢アドに入りたい!」という気持ちを持っていることだけで嬉しい。私も人見知りなので、一緒に楽しく、みんなで頑張ろう!って気持ちになれる子がいいです」

--夢アドとして、アイドルとして、これだけは必要というものは?

鳴海寿莉亜 「感謝ですね。感謝する気持ちを忘れないことがパフォーマンスでも出てくるし、日々の努力にも表れると思うので、感謝をする気持ちを忘れないことが大切だと思います」

白川蘭珠 「今はこういうご時世だから、笑顔が大事だと思います。自分の笑顔で人に楽しい気持ちを分けてあげて、その人も笑顔にしてあげられるのが 素敵なんじゃないかな」

山口はのん 「夢アドのオーデションを受けたからには、なりたい気持ちが強いと思うので、その気持ちさえあれば、可能性は誰にでもあると思います」

山下彩耶「レッスンなどで意見が合わないこともあるのですが、人の言葉を素直に受け止めるメンタルを持っていて欲しい。ケンカではなく、お互いが本音で話せる関係は大切だと思うので」

【最終候補者】
えびなみゆ/ はる/ 聖來/ れいな
かれん/ きよ/ 仲野りおん/ あゆ
岡田千夏/ 森凪紗/ りーちゃん/ ゆきの
宮本佑衣/ あきの/ まよまよ/ 永田彩夏
ほのぽ(補欠合格)

【候補者からの意気込みコメントが到着】

えびなみゆ「高校3年生18歳です。アイドルは未経験なので知らないことばかりですが、頑張ってスキルを身につけて全力でステージに挑めるようになりたいです。ここまで来れたのはファンの皆さんのお陰なので、メンバーになって恩返ししたいです。笑顔で人を幸せにできるアイドルになりたいです」

はる「愛媛県出身の22歳です。私は歌が得意なので、歌で夢アドさんを引っ張っていけるようになりたいです。ファンの方が配信でずっと応援してくれて、改めてアイドルはファンの人がいてこそのアイドルだなと感じました。ステージで輝く姿を見ていただいて、恩返しが出来たらと思います」

れいな「福岡県出身の20歳です。夢アドさんになれたら、まずはグループとして武道館に行きたいです。個人としても歌うのがすごく好きなのでソロライブとか、雑誌とか、幅広く活躍したいです。「癒される」と言われるので、その特徴を生かして新しい風を吹かせられたらと思っています」

聖來「広島県出身で特技はモノマネです。私は2年半くらいステージに立つ仕事をしていたので、表情を上手く見せる自信があります。今までの経験を夢アドさんで発揮できたらなと思います。ミクチャでファンの方がたにたくさん支えられたので、それをステージで返せたらなと思います。日々の練習や、ファンの方からの言葉を胸に頑張っていこうと思います」

かれん「私が夢アドさんになったら、いろんな景色を皆さんに見せることができるアイドルになりたいです」

きよ「新メンバーになったら、私が武道館に連れて行きます!もっとたくさんの人に見てもらいたいですし、いろんな国に行ってお仕事ができる世界的なアーティストになるのが夢です」

仲野りおん「私がもし夢アドさんになれたら、“カワイイの公式” ということで、もっとカワイイの公式にできたらなと思います」

あゆ「私は元気で明るい性格なので、夢アドさんに明るさをプラスしたいです。サッカーが出来るので、アイドル活動を通じてサッカーをもっと広めたいです」

岡田千夏「特技は親指がよく曲がることです。料理が得意で家庭料理はなんでも作れます。「メロンソーダ」という曲が めちゃくちゃ好きなので、メンバーに入れたら、「メロンソーダの上に辛子明太子」とインパクトを残したいです」

森凪紗「夢アドに入った暁には、得意な大喜利をいっぱいしてバラエティーの力で新しい風を吹かせられたらと思います。歌は苦手なんですけどゼッタイ頑張るので、応援よろしくお願いします」

りーちゃん「10センチのヒールダンスが特技です。私はステージで表現することが大好きなので、ダンスを強みとしたパフォーマンスで新しい風を吹かせたいです。たくさんの人の頑張る原動力になりたいので、夢アドに絶対なります!」

ゆきの「神奈川県出身で今は看護師をしています。夢アドさんの「MAKING THE NOTE」を聴いて、すごく心を動かされてアイドルになりたいと思ったので、私もいつかそんなパフォーマンスがしたいです。経験はないのですが、笑顔で皆さんに楽しんでもらえるようなステージにしたいです」

宮本佑衣「宮崎県出身22歳です。くちモノマネが得意です。メンバーになれたら、夢アドの目標でもある武道館に一緒に行って、大きなステージに立ちたいです。今のメンバーに負けないくらい、胸を張れるレベルになりたいなと思います。オーディションは悔いのないように楽しみながら頑張るので、最後まで見届けて欲しいです」

あきの「特技はダンスとお肉を焼くことです。趣味は空想にふけることで、よく一人で妄想してます。夢アドに入ったら、たくさんの人に癒しを与えられる存在になりたいと思います。クイズ番組が好きなので、自分も挑戦してみたいなと思っています。自分自身とファンの皆さんのから頂いた力をかき集めて、出し切りたいと思ってます」

まよまよ「21歳の大学生です。特技はギターとピアノです。週に一回はやったことのない挑戦や、行ったことないお店に入ったりしています。私がメンバーになれたら、夢アドがもっともっと上に行けるように貢献できる人になりたいと思ってます。今まで配信などで応援していただいてありがとうございます。最後まで応援してもらえたら嬉しいです」

永田彩夏「大学1年生19歳。地元の秋田で四年間アイドルをやっていたので喋ることは得意です。秋田でのアイドル経験を生かして即戦力になれたらと思ってます。これまで応援してくださった方に恩返しをして、夢アドのファンのみなさんに早く認めていただけるように頑張りたいです」

ほのぽ(補欠合格)「19歳北海道出身です。夢アドになれたら、いつか自分が引っ張っていけるような存在になりたいと思っています。異性だけでなく同性からも応援してもらえる老若男女から愛されるアイドルになりたいです。高2の時に受けた高校生ミスコンで見つけていただいてから、まだまだ全然有名じゃないのにずっと応援してださる方がいると考えたら、それ以上嬉しいこと、幸せなことはないと思います。しっかりと恩返しをしたいので、これからも自分らしく頑張ります」

「YUMEMIRULIVE 20201226 brand new ADOLESCENCE」
日程:12月26日(土)
会場:池袋HUMAXシネマズ
時間:OPEN 17:30 / START 18:00
出演:夢みるアドレセンス
『なれんの!?夢アド?!2020~』最終候補生

夢みるアドレセンス 公式サイト https://yumeado.com/

 

Read more

新井ひとみ、80年代アイドル風プロマイドが完成 プロマイドの老舗「マルベル堂」にて販売

John Doe

ソロアイドル・新井ひとみさんのプロマイドが25日、マルベル堂より販売開始された。

新井さんにとって、1970年代から数多くの人気アイドルのプロマイドを販売するマルベル堂から、自身のプロマイドを出すことはデビュー以来の念願だったようで、今回マルベル堂のスタジオで、マルベル堂スタッフが撮影し、マルベル堂仕様でパッケージされた、新井ひとみのプロマイドが完成した。

創業99年目で2021年には100周年を迎える老舗で、かつ日本で唯一のプロマイド販売店の「マルベル堂」と、ノスタルジックな雰囲気を持つ1980年代アイドル風アイドル「新井ひとみ」の組み合わせで、マルベル堂が99年目の最後に発売する新商品がこの新井ひとみのプロマイドとなった。

新井ひとみブロマイドは全10種+マルベル堂限定ver.1種の全11種展開で各330円(税込)となっている。

Read more

劇団4ドル50セント 立野沙紀、無邪気にはしゃぐ瞬間から 大人な色気までギャップ満載なグラビア

John Doe

劇団4ドル50セント所属の女優・立野沙紀さんが、発売中の『旬撮GIRL Vol.8』(扶桑社)のグラビアに登場している。

本誌は、週刊SPA!で撮り下ろした水着グラビアをまとめた写真集シリーズの第8弾。立野さんのグラビアのテーマは「きれいすぎるお姉さんが海で夏キュン!」。ロケは真夏の海で行われた。

海で無邪気にはしゃぐ瞬間から、大人な色気を感じ取れるカットを掲載、ギャップ満載なグラビアに仕上がっている。なお立野さんと交流がある芸人・有野晋哉さんが、案内人を務めており、本グラビアの感想などを語っている。

立野さんは「このときは私がグラビアデビューしてから初めて、そして2020年になってから初めて"海"に入っての撮影だったので、すごくはしゃいで撮影がとても楽しかった記憶があります!」と撮影を振り返った。「26歳なのに周りのスタッフさんから『笑うと5歳くらいの子みたい』と言われるほど、純粋に楽しんでいたみたいです(笑)。ハウススタジオでは逆に、黒の水着を着た大人っぽいカットが多いので、海でのはしゃぎっぷりとギャップを感じていただけると嬉しいです!」と語った。

おすすめカットについては「2つあって、砂浜でサーフボードを片手に撮ったカットと、膝を抱えて寝転んでいるカットです! やはり、海に入る前ということもあって楽しみさが滲み出ているのと、寝転んでいる方は個人的にとても自然な表情ができているので好きです!」と語った。

本書は、『ラブライフ!サンシャイン』で黒澤ダイヤ役を演じた女優の小宮有紗さんが表紙を飾るほか、中面グラビアには、グラビアアイドルとして第一線で活躍する都丸紗也華さん、女優としても注目を集める北向珠夕さん、“いま最も彼女になってほしいグラビアアイドル”として注目の華村あすかさん、8頭身美女グラドル・佐藤あいりさんが登場する。

Read more

新アイドルグループ・#2i2、「FLASHスペシャル」にて18ページグラビアと裏表紙に登場 

John Doe

新アイドルグループ・#2i2が24日発売の「FLASHスペシャル」(光文社)にて18ページにわたるグラビアに加え、裏表紙にも登場、そのアザーカットも公開された。メンバーの十味さんは「凄く嬉しいです…! まだアイドルとして生まれたての#2i2にこんな大役を任せていただけたのは、普段支えてくださる皆さんのおかげです!」と喜びを表している。

#2i2について十味さんは「#2i2はアンドロイドという設定なんですが、その『アンドロイド=支配された』設定と、実際に生きていく上での理不尽や自分らしさを隠すことも求められる環境を重ねてて、せめてこの#2i2でいる間だけは自分らしく生きたくて、それを邪魔する何かに抗いたいという思いを持って機能しています」と、」そのコンセプトを紹介した。2年後には武道館に立つという目標を掲げているそいう。

今回のグラビア撮影について、メンバーの森嶋あんりさんは「人生初のボディーアートでタトゥーシールをつけました!すごい!こんなに簡単にしっかり付くんだ!と感動しました(笑)。それでも細かいところはボディーペイントのアーティストさんが描いて下さって、プロの技術を実感出来ました…!くすぐったくてぴくぴくしてすみませんでしたと伝えたいです(笑)」と振り返った。

天羽希純さんは印象に残っている衣装について「一番印象に残っているのは#2i2の世界観にあった衣装です。黒と白のかっこいい感じのものに、メンバーそれぞれ違うアンドロイドっぽいボディペイントをしていただきました。それが初めての体験だったのでとても印象に残っています」とコメントしている。

Read more

わーすた、コロナ時代に問うスタンダード「物理的な距離も心の距離も縮めて行けたら」

John Doe

2015年に結成のデジタルネイティブ世代アイドル「わーすた」(ざ・わーるど・すたんだーど)。 日本のみならず、世界に照準を合わせ活動する彼女たちが11月に送り出したミニアルバム『What's "standard”!?』は、バンドサウンドをコンセプトとした、わーすたの新しい一面が見れる1枚。

GirlsNewsでは、わーすたへのインタビューで、コロナ禍に揺れ動いた今年の活動を振り返りつつ、ミニアルバムに込めた想いや、聴きどころなどについて尋ねた。

--まずは『What's "standard”!?』のコンセプトなどについてお聞かせてください。

廣川奈々聖「今回はバンドサウンドをテーマにした全5曲のミニアルバムになっていて、リード曲を UNISON SQUARE GARDEN の田淵さんが作ってくださったのをはじめ、すごく豪華な作家さんに作っていただきました。メンバーのみんなで歌詞を書いた曲もあったり、新しいわーすたがたくさん見られるアルバムになっています」

--アルバムの聞きどころや、オススメの曲などを紹介してください。

坂元葉月「私はリード曲の『清濁あわせていただくにゃー』がお気に入りです。今までもわーすたはいろいろなバンドサウンドの楽曲を歌ってきたんですけれど、ここまでバックミュージックの楽器がカッコよくて、語尾が“にゃ~”とか可愛い歌詞なのに歌い方はすごくカッコよくて 、今までとは違った新たなわーすたを見せられる楽曲になっていると思います。振付もすごくキャッチーなので、ファンの皆さんと一緒に歌って踊れたらいいなと思います」

廣川奈々聖「今回はバンドサウンドということもあって、特にインストが引き立つサウンドになっていると感じます。移動中もこの5曲を通していくことが多いんですけれど、満員電車でもこの曲たちを聞いていると自分がライブの中にいるような空間になって、憂うつなことは全部を忘れそうです。曲を聞いただけでもライブを見てる気分になれるアルバムに仕上がってます」

松田美里「大きな括りではバンドサウンドのアルバムと言っているんですけど、今回のアルバムはそれぞれの曲が全く違う個性を持っていて、メンバーが作詞に挑戦したバラードの曲も想いがこもっていて、しっかり映えていると思います。今はファンの皆さんにあまり会えない状況だからこそ、バンドサウンドでライブを楽しんでいる気分を味わってもらえたらと思います。素敵な曲たちにメンバーの想いをそのまんまストレートにポンと乗せていただいた豪華なアルバムになっているので、ファンの皆さんにはもちろん、音楽好きの方にも届いてほしいです」

小玉梨々華「『TOXICATS』という曲が私のイチ推しです!わーすたに今までになかったような大人な恋愛を描いたジャズ要素の強い楽曲になっています。歌詞がすごく大人っぽくて、メンバーが普段言わないようなセリフではあるんですけど、ボーカルの瑠香と奈々聖が曲に合った声と歌い方なので違和感がありません。2人の歌声が世界観を作ってくれているおかげで、この曲の良さがグッと引き立っていると感じます」

三品瑠香「『萌ってかエモ』というみきとPさんに作っていただいた曲なんですけれど、 何回聞いてもますますクセになる曲で、ライブで歌うのが本当に楽しい曲です。まだ客席のみなさんと一緒に声は出さないんですけれど、手を叩いたりとかしても盛り上がれる曲です。言葉によってクセを出したり歌い方に工夫ができる歌なので、弾けて歌わせていただきました」

--レコーディングでの苦労などありましたか?

三品瑠香「今回のレコーディングは全部一人ずつ別に収録しました。コロナがなければみんなで一緒に録っていたと思うんですけど、『萌ってかエモ』では最初にみんなで大声を出すところがあって、それを一人でやるのが難しかったですね。「みんなでやりたかったなぁ」と思いました」

廣川奈々聖「私が一番最初に録ったんですよ。なので、みんながどれくらいのテンションで叫ぶのか判らなくて戸惑ったんですけど、とにかく目一杯の自分を出して歌いました。レコーディングでは一人きりですけど、ライブの光景を思い浮かべながらファンの人が目の前にいるつもりで録ったので、みんなの声が合わさった曲を聴いて、いい感じに仕上がったかなと思いました」

--わーすたが作詞の曲は、どんな感じで作詞を進めていったんですか?

松田美里「『 Never Ending The World 』は、テーマに沿ってメンバーがそれぞれ1曲分の歌詞をまるまる書いて、それをもとに鈴木まなかさんがうまく組み合わせて一つの歌詞に仕上げてくださいました。それぞれが伝えたかったことを集めていいとこ取りをした感じです」

廣川奈々聖「歌詞でいいなと思ったのが、一番最初の “目を閉じ浮かぶ景色 眩しすぎるほど照らす光” という導入部です。自粛期間でずっとステージに立てずにいたときにライブの写真を見返しては「また自分がこのステージに戻れるのかな?」って眩しく眺めていました。元の環境に戻ったとして「自分はそのとき、ちゃんとしたパフォーマンスが出来るのかな」って不安を抱えていた自分が重なるんですよ。この曲はファンの方に届けたい曲ではあるんですけど、自分でも歌いながら聴きながら、ジーンとくる歌詞ですごく気に入ってます。私の書いた部分じゃないんですけど(笑)」

--では、コロナに振り回された一年を振り返って、いかがでしたか。

三品瑠香「2020年3月28日にライブがあったのですが、3月末はまだ緊急事態宣言が出ていたわけではなかったので、開催するかどうかすごくギリギリまで悩んでました。ほんの一週間ぐらい前に無観客でやることに決まって、それまでお客さんがいる想定でリハーサルも進んでいたので、本当に悔しかったのを覚えています。もう少し早ければ開催できたのに一番難しい時期でしたね。逆に遅かったら諦めもついたかもしれない。本当にちょうど気持ちが収まらない時期だったので、何ともやりきれない気持ちで胸がいっぱいでした。でも、そのときに配信という形でも会場からライブをさせてもらえたのは良かったなと思います」

--夏は大きなイベントがほとんど中止になりましたが、活動はどうでしたか?

廣川奈々聖「夏は『サンデー!サンシャイン!』のシングルをリリースさせていただいたのですが、いつもなら各地のリリースイベントなどでファンの方と会う機会がたくさんあったのに、今回は全部がオンラインのイベントになってしまいました。CDは発売されたはずなのに、なかなか皆さんの手元に届いている実感がわかなくて、やっとリリース当日にオリコンの結果が出て、ちゃんと届いてるんだと思いました。結果を出せたことで応援してくださるファンの方に恩返しができたと確認できましたし、ファンの方が一緒に喜んでくれたことが嬉しかったです。でも、新曲のパフォーマンスを生でお見せできなくて、野外でイベントが出来ない夏は寂しかったです」

松田美里「以前はステージでたくさんの人が声を届けてくれるという環境があって安心できてたんですけども、コロナ禍になってから直接会うことが出来なくなったので、家にいても声を伝えられる SNS がある時代に活動できてまだ良かったなと思います。周りがすべて真っ暗になったわけではなくて、皆の声が直接届くというのが本当に希望の光でした。待っている人がいてくれるから頑張ろうという気になったし、一人一人からの言葉が文字として目に残るので、より心に刺さって、しっかり受け止められたのは救いでした」

--秋に開催された 東京アイドルフェスティバル(TIF) はいかがでしたか?

小玉梨々華「これまで何度も出演させていただいているTIFですが、秋に開催するのも、オンラインだけで開催するのも初めてだったので、どんな感じになるのか想像ができなかったです。実際にステージに立って、いるはずのお客さんが目の前にいないというのは不思議な感覚でした。でも、TIFF に限らずオンラインだと全国どこにいても、それこそ世界中から見ていただける点では、よい機会をもらえて良かったです。
今だからこそ、今にしかできないチャンスでもあったので、こういうTIFもありかなと思いました。実際にかなり反響もあって、コラボに注目していただいたり、初めて観た方もこれをきっかけに好きになってくれたりと、わーすたとして得るものが大きかったんじゃないかなと思います」

--新曲、新衣装のお披露目でもありましたが、新衣装について感想は?

三品瑠香「この中ではさっぱりしている衣装なんですけれども、スタイルが良く見えるように作っていただいてありがたいなと思います。ちょっと恥ずかしいんですけれどSNSでも好評でしたし、形もすごく可愛くて気に入っています」

小玉梨々華「瑠香と色違いなんですが、“我偶像”の文字が主張が激しくて可愛いです。それぞれ楽器の要素が少しずつ入っているんですが、私はピアノの鍵盤っぽいところがポイントです」

松田美里「楽器モチーフはバイオリンなんですけど、私は葉月とお揃いの傘みたいなシルエットのスカートがすごく可愛いなと思います。このボリュームのある幅の取り方がいかにもわーすたっぽいです。パフ・スリーブの袖もアイドルらしくてお気に入りです」

廣川奈々聖「私は王道なロックな感じのジャケットなんですけども、意外と一番お気に入りなのが、踊った時のスカートの揺れ方が計算され尽くした可愛さなので、パフォーマンス中はそこにも注目してほしいです」

坂元葉月「衣装のデザインを見たときに「ギター?」って驚いて。すごく大きく描かれていたんですけど「このままそっくりの感じにしてください」って指定だったので、どこまで再現できるのか楽しみでした。本当にイラスト通りの仕上がりですけど踊りやすくてお気に入りです。着ているとギターが弾けちゃう気分になりますね…弾けないんですけど(笑)」

--最後に坂元さんに今後の抱負をお願いします。

坂元葉月「アルバム発売の3日後に有観客ライブを行なったんですけど、会場キャパの50%の方しか見に来れないということで、見に来てくださる方には『やっぱりライブって生が一番だよね』って思ってもらえるように頑張りつつ、オンラインで全世界から観てくださる方にも『わーすたのライブって最高だな』って思ってもらえるように精一杯頑張りました。
今はまだコロナ禍で厳しい状況なんですけども、みんなが満員の会場で声を出してライブができる日も遠くはないと思うので、生でも画面越しでも同じぐらい熱量が伝わるようにして、もっともっと皆さんと物理的な距離も心の距離も縮めて行けたらいいなと思います。

わーしっぷ大感謝祭2020
【日程】
-1部- 12月28日(月)  開場14:00 / 開演15:00
-2部- 12月28日(月)  開場18:00 / 開演19:00
【会場】
東京・Zepp TOKYO
■チケット料金
全席指定 ¥4,500(税込)※ドリンク代別途必要

わーすた オフィシャルウェブサイト https://wa-suta.world/

 

Read more

ハロプロ大晦日ライブをスカパー!で生中継 29日はハロプロ出演番組を一挙18時間半放送

John Doe

スカパー! では29日(火)と31日(木)、ハロー!プロジェクトのアイドル出演の番組を一挙放送する。

29日には「ソロフェス!」をはじめ、こぶしファクトリー解散ライブ、ひなフェス、COUNTDOWN PARTY2019、ハロプロ!TOKYO 散歩など Hello! Project 関連番組を BS スカパー! にて 18時間半にわたり一挙放送。

31 日には、Hello! Project 所属メンバーが、各回ごとに歌唱曲を変えてパフォーマンスを行う三部構成のコンサート『Hello! Project Year-End Party 2020 ~GOOD BYE & HELLO ! ~』より、中島卓偉・松原健之・高橋愛・宮本佳林もゲスト出演予定の第三部をフジテレビ TWO にて独占生中継。本公演は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、中止を余儀なくされた恒例のカウントダウンコンサートに代わり、「日本中に元気を届けたい」というハロプロメンバーの思いとファンの願いを受け観客を入れて行うこのコンサート。

ハロプロ年末一挙放送スペシャルは12 月 29 日(火) 9:00~27:30 、BS スカパー! (BS241/プレミアムサービス 579)/ スカパー! オンデマンドで放送。

■ハロプロ年末一挙放送スペシャル 放送スケジュール ※放送スケジュールは変更になる場合がございます
9:00 - 10:00 『ハロプロ!TOKYO 散歩 傑作選』
10:00 - 10:30 『ハロプロ!TOKYO 散歩 season2 #1』
10:30 - 11:00 『ハロプロ!TOKYO 散歩 season2 #2』
11:00 - 11:30 『ハロプロ!TOKYO 散歩 season2 #3』
11:30 - 12:00 『ハロプロ!TOKYO 散歩 season2 #4』
12:00 - 12:30 『BEYOOOOONDS 一岡伶奈 はじめての鉄道旅 #1』
12:30 - 15:00 『こぶしファクトリー特番 ~みんなで咲かせた青春の花~』
15:00 - 16:30 『こぶしファクトリー ライブ 2020~The Final Ring!~』
16:30 - 18:00 『Hello! Project ひなフェス 2020 アンジュルムプレミアム』
18:00 - 23:00 『Hello! Project presents「ソロフェス!」』
23:00 - 24:00 『Hello! Project presents…「ソロフェス!」舞台裏密着特番』
24:00 - 26:00 『Hello! Project COUNTDOWN PARTY2019 ~GOOD BYE&HELLO!~ 第 1 部』
26:00 - 27:30 『Hello! Project COUNTDOWN PARTY2019 ~GOOD BYE&HELLO!~ 第 2 部』

『Hello! Project Year-End Party 2020 ~GOOD BYE & HELLO ! ~(第三部)』独占生中継は12 月 31 日(木) 19:00~21:30 、フジテレビTWO ドラマ・アニメ(CS308/プレミアムサービス 615)/フジテレビTWOsmartで放送。

Read more

天木じゅん、約2年半ぶりとなる3rd写真集は過去最大露出にこだわった内容 1/15発売の前に先行カットが公開

John Doe

グラビアアイドルや女優として活躍する天木じゅんさんの最新写真集『あまのじゃく』(徳間書店)が2001年1月15日に発売される。

149cm、 Iカップの“奇跡の2次元ボディ” といわれる天木さんの約2年半ぶりの3rd写真集は、 “そこにただ存在している私を見てもらいたい――”。 そんな彼女の願いの下、 初めて訪れた伊豆大島で、喜怒哀楽やありのままの姿を作りこまずに表現。 ロードムービーのように展開されるさまざまシーンの中で、 ありったけの感情と、愛らしくもグラマラスなボディのすべてをさらけ出した。 温泉やホテルの一室で繰り広げたカメラマンとの1対1のフォトセッション。 熱い息づかいまで伝わってくるような本人も初めてとなるオトナの表現と、 瑞々しいIカップバスト&弾けるヒップを限界露出にこだわって撮影している。

「撮影前から撮影中、 撮影後まで、 熱い思いで写真集に向き合ってきた」という本作のため、 撮影約1ヵ月前から徐々に体重を落とし、 撮影数日前には厳しい食事制限もしたというほど気持ちを込めたという本書。「表情もポージングも見せ方もこれまでと異なり、 新たな魅力を出せたのではないかと思うので、 是非、 多くの方に手に取っていただき、 新しく新鮮な天木じゅんを堪能してもらいたいし、 改めて好きになって貰えると嬉しいです!」とメッセージを送っている。

なお本書の発売記念イベントは、2021年1月17日(日)13:00~ 福家書店 新宿サブナード店にて開催される。

Read more

石田桃香、初めての純白ランジェリー姿を1st写真集から先行公開 オトナの色香が薫るセクシーショット

John Doe

グラビア界注目のタレント・石田桃香さんがファースト写真集『MOMOKA』(講談社)を2021年2月12日に発売。今回その中から無防備なパジャマ姿と、純白ランジェリーショットが先行公開された。

写真集の舞台は初めて訪れた沖縄の石垣島と竹富島、そして出身地の大阪。沖縄では、ビーチや草原、マングローブの林、情緒溢れる古民家やリゾート・ヴィラなどでロケを実施。大阪では、お気に入りのお店や観覧車など、思い出の場所を巡った。

今回公開された初めてのランジェリー姿に加え、過去最高のセクシーショットにも挑戦している石田さん。石垣島のリゾート・ヴィラで撮影された、オトナの色香が薫る純白のランジェリー姿、そして素肌にパジャマだけを羽織った無防備でキュートなセクシーショットを先行公開。「少し恥ずかしい部分もあるけれど、ありのままの私がたくさん詰まっている作品になっています」と本人が語るとおり、石田桃香さんの23歳のリアルな魅力を堪能できる写真集となっている。

先行公開カットは25日発売のFRIDAYで掲載されている。

Read more
{{like_count}}
{{review_count}}